DRoom(ドローム)利用規約

この利用規約(以下「本利用規約」といいます。)は、株式会社ミツヤ商会(以下「当社」といいます。)が運営するドローンおよびその関連製品(以下「ドローン等」といいます。)を対象とするオンラインフリーマーケットサービス「DRoom(ドローム)」の利用に関し、当社と「DRoom(ドローム)」の利用者(以下「ユーザー」といいます。)との間に適用される諸条件を定めるものです。
ユーザーは、「DRoom(ドローム)」の利用に先立って、本利用規約を含む本規約(以下で定義します。)の内容を十分理解した上で、その内容を遵守することに同意して、「DRoom(ドローム)」を利用するものとします。

第1条「DRoom(ドローム)」の内容および当社の役割
「DRoom(ドローム)」は、オンラインフリーマーケットサービスです。「DRoom(ドローム)」は、ユーザーに対して、ユーザー間で「ドローン等」の売買を行う場および機会を提供するものであり、ユーザーが行う出品、購入、売買契約の締結、関連する行為に関しては、すべて当事者であるユーザーの自己責任とします。当社は自ら売買を行うものではなく、売買の委託を受けるものでもありません。当社は、本規約中に別段の定めがある場合を除き、売買契約の取消し、解約、解除、返品、返金、保証など取引の遂行には一切関与しません。また、本サービスは、競りの方法(オークション)により物品の売買を行おうとする者のあっせんを行うものではありません。
「DRoom(ドローム)」の内容は、本規約、プライバシーポリシーおよびご利用ガイドに規定する通りとします。

第2条 定義
1.本利用規約において、以下の用語は、別途定義されている場合および文脈上別異に解すべき場合を除き、以下の意味を有するものとします。
・「本規約」とは、本利用規約、プライバシーポリシーおよびその他「DRoom(ドローム)」に関する利用ガイドをいい、これらを合わせて本規約を構成するものとします。
・「プライバシーポリシー」とは、当社が定めるプライバシーポリシーをいいます。
・「個人情報」とは、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号およびその後の改正を含みます。)に定める個人情報を指すものとし、取得する個人情報はプライバシーポリシーに規定した内容をいいます。
・「ユーザー」とは、本規約の内容に同意して、日本国内において「DRoom(ドローム)」を利用する日本在住の個人および当社が指定した法人をいいます。
・「コンテンツ」とは、当社またはユーザーが「DRoom(ドローム)」に掲載・発信した情報をいいます。
・「購入者」とは、「DRoom(ドローム)」にて商品を購入するまたは購入しようとするユーザーをいいます。
・「出品」とは、ユーザーが、「DRoom(ドローム)」にて、商品の取引に必要なコンテンツを掲載・発信し、他のユーザーが閲覧可能かつユーザーが商品を取引できる状態にすることをいいます。
・「出品者」とは、「DRoom(ドローム)」を通じて商品を出品するまたは出品しようとするユーザーをいいます。
・「販売価格」とは、出品者が「DRoom(ドローム)」において商品を出品する際に設定する商品の価格をいいます。
・「商品代金」とは、「DRoom(ドローム)」において商品が購入された場合の、出品者と購入者との間の売買契約における当該商品の売買価格をいいます。
・「利用料」とは、「DRoom(ドローム)」の利用に関連して、当社がユーザーから徴収する料金をいいます。
2.本条の各定義は、別途定義される場合および文脈上別異に解すべき場合を除き、本規約を構成する規定において適用されるものとします。

第3条 本規約への同意および本規約の変更
1.本規約は、「DRoom(ドローム)」の利用に関する条件をユーザーと当社との間で定めることを目的とし、ユーザーと当社の間の「DRoom(ドローム)」の利用に関わる一切の関係に適用されます。ユーザーは、本規約に同意の上、本規約の定めに従って「DRoom(ドローム)」を利用するものとし、ユーザーは、「DRoom(ドローム)」を利用することにより本規約に同意したものとみなされます。
2.ユーザーが未成年者である場合は、「DRoom(ドローム)」を利用することについて、事前に親権者など法定代理人の包括的な同意を得ているものとします。また、ユーザーが未成年者である場合、ユーザーは、法定代理人の同意の有無に関して、当社から法定代理人に対し、確認の連絡をすることができることに予め同意するものとします。
3.当社は、当社が運営するウェブサイトまたはアプリケーション内へ掲示することにより、本規約の内容を随時変更できるものとします。本規約の変更後に、ユーザーが「DRoom(ドローム)」を利用した場合は、ユーザーが本規約の変更に同意をしたものとみなされます。なお、当社は、本規約の改定または変更によりユーザーに生じたすべての損害について、責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意または重過失に起因する場合はこの限りではありません。

第4条 ユーザー登録およびアカウント情報
1.ユーザー登録は、必ずユーザー本人が、所定の手続に従い、登録を行うものとします。また、ユーザー登録に際し、ユーザーは、必ず正確な情報を入力するものとします。
2.1人または1社のユーザーは、複数のユーザー登録を行うことはできないものとします。
3.当社は、以下各号のいずれかに該当する場合、ユーザー登録の申請を承認しないことがあります。
・第3条第2項および本条第2項のユーザー資格を満たしていない場合
・過去に本規約違反等により、当社から利用停止等の処分を受けている場合
・登録内容に正確ではない情報または虚偽の情報が含まれている場合またはそのおそれがあると当社が合理的な理由に基づき判断した場合
・当社の運営、サービス提供もしくは他のユーザーの利用を妨害するまたはそれらに支障をきたす行為を行った場合またはそのおそれがあると当社が合理的な理由に基づき判断した場合
・暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから 5 年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロもしくは特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)、テロリスト等日本政府もしくは外国政府が経済制裁の対象として指定する者に該当すること、または暴力団員等と一定の関係を有すること(暴力団員等に対して資金を提供しもしくは便宜を供与するなどの関与をしていると認められること、暴力団員等を不当に利用していると認められること、または、ユーザー登録をされようとする方が法人の場合、暴力団員等がその経営を支配しもしくはその法人の経営に実質的に関与していると認められること、その他暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有していると認められること(以下、上記のすべてを総称して「反社会的勢力」といいます。)が判明した場合
・その他当社が不適当であると合理的な理由に基づき判断した場合
4.ユーザーは、登録内容に変更がある場合は、直ちに変更しなければなりません。また、ユーザーは、常にユーザー自身の正確な情報が登録されているよう、登録内容を管理および修正しなければなりません。登録内容に変更があったにも関わらず、変更を行っていない場合、当社は、登録内容に変更がないものとして取り扱うことができます。変更の届出があった場合でも、変更登録前に行われた取引や各種手続は、変更前の情報に依拠する場合があります。
5.ユーザーは、入力したメールアドレス、パスワード等の情報(以下「アカウント情報」といいます。)を自ら管理する責任を負います。ユーザーは、アカウント情報を第三者に利用させることや、譲渡、売買、質入、貸与、賃貸その他形態を問わず処分することはできないものとします。
6.アカウント情報の管理不十分による情報の漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任はユーザーが負うものとし、当社は責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意または重過失に起因する場合はこの限りではありません。また、アカウント情報が不正に利用されたことにより当社に損害が生じた場合、ユーザーは当該損害を賠償するものとします。
7.ユーザーは、アカウント情報が第三者に漏えいした場合またはそのおそれがある場合、速やかに当社へ連絡するものとします。また、その際に当社の指示がある場合はこれに従うものとします。

第5条 ユーザー登録の取消等
1.当社は、ユーザーが以下の各号のいずれかに該当した場合または該当したと当社が合理的な理由に基づき判断した場合、事前の通知なしに、ユーザー登録の取消、「DRoom(ドローム)」の全部もしくは一部へのアクセスの拒否、利用停止等、または、ユーザーに関連するコンテンツや情報の全部もしくは一部の削除の措置をとることができるものとし、当社は、その理由を説明する義務を負わないものとします。なお、当社は、ユーザーが以下の各号のいずれにも該当しないことを確認するために、当社が必要と判断する本人確認を行うことができ、かかる本人確認が完了するまで「DRoom(ドローム)」の全部または一部へのアクセスの拒否、利用停止等の措置をとることができます。
・不正行為があった場合
・登録した情報が虚偽の情報である場合
・本規約上必要となる手続または当社への連絡を行わなかった場合
・登録した情報が既存の登録と重複している場合
・登録した携帯電話番号またはメールアドレスが不通になったことが判明した場合
・ユーザーが債務超過、無資力、支払停止または支払不能の状態に陥った場合
・他のユーザーや第三者に不当に迷惑をかけた場合
・ユーザーが登録した金融機関の口座に関し違法、不適切その他の問題があることが当該金融機関による指摘等により判明した場合
・第4条第3項各号のいずれかに該当する場合
・ユーザーが自らまたは第三者をして、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、脅迫的な言動もしくは暴力を用いる行為、または風評を流布し、偽計を用いもしくは威力を用いて、信用を毀損もしくは業務を妨害する行為をした場合
・法令または本規約に違反した場合
・その他当社がユーザーに相応しくないと判断した場合
2.当社は、本条の措置を受けたユーザーに対し、将来にわたって当社が提供するサービスの利用およびアクセスを禁止することができるものとします。
3.当社は、本条の措置により生じる損害について、責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意または重過失に起因する場合はこの限りではありません。

第6条 ユーザーの退会
1.ユーザーは、当社に退会を希望する旨を申し出ることができ、当社がその申出を承認した場合は退会することができるものとします。但し、取引の決済や商品の郵送等の取引手続に完了していないものがある場合は退会することは認められず、ユーザーは、一連の取引を本規約に従って遅滞なく円滑に進め、完了させた後、当社に退会の申し出を行うこととします。
2.当社は、本条の措置により生じる損害について、責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意または重過失に起因する場合はこの限りではありません。

第7条 個人情報等の取扱い
1.当社は、ユーザーの個人情報の取扱いについては、「DRoom(ドローム)」のプライバシーポリシーに従って個人情報等を取り扱うものとします。
2.ユーザーは、「DRoom(ドローム)」の利用または「DRoom(ドローム)」の閲覧の前に、「DRoom(ドローム)」上で、プライバシーポリシーを必ず確認し、その内容に同意した上で、「DRoom(ドローム)」を利用するものとします。
3.ユーザーは、「DRoom(ドローム)」を通じて得た個人情報等に関し、「DRoom(ドローム)」の利用範囲内においてのみ利用することができ、それ以外の利用はできないものとします。

第8条 禁止事項
当社は、「DRoom(ドローム)」に接したユーザーおよび第三者によるその他利用ガイドに禁止されている行為に該当する、またはそのおそれがあると当社が合理的な理由に基づき判断した行為(以下「禁止事項」といいます。)を禁止します。
第9条 商品の出品
1.出品者は、当社所定の手続に従い商品の出品を行うものとします。当社は、「ご利用ガイド」記載の特定の出品方法について基準を設け、審査を行い、基準に合致しない場合には、当該出品方法の利用を制限することができます。
2.出品者は「ご利用ガイド」で禁止されている出品物(以下「出品禁止物」といいます。)に記載された商品の出品ができないことについて、予め承諾するものとします。出品禁止物に該当する商品を出品した場合は、出品者の故意または過失に関わらず、本規約違反行為とみなされます。
3.出品者は、商品を出品する際に、真に売却する意思のない出品、その商品情報だけでは他のユーザーが正しく商品を理解できないまたは混乱する可能性のある出品、商品説明で十分な説明を行わない出品等を行うことはできません。また、出品者は、出品する商品と関係のない画像等を当該出品情報として掲載することはできません。
4.出品者は、出品にあたって、古物営業法、特定商取引に関する法律、不当景品類および不当表示防止法、不正競争防止法、特許法、商標法、著作権法その他の法令を遵守するものとします。
5.出品者は、他の特定のユーザーのみを対象とする販売を意図して商品を出品することはできません。当社は、その裁量により、出品の条件その他の状況から、ある商品の出品が他の特定のユーザーのみを対象とする販売を意図するものであるか否かを判断することができるものとします。
6.出品に関して、当社が本規約に違反するまたは不適切であると合理的な理由に基づき判断した場合、当社は、第5条に定める措置のほか、その出品やその出品に対して発生していた購入行為等を当社の判断で取消すことができるものとします。本項に基づく措置によって出品者に生じる損害について、当社は責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意または重過失に起因する場合はこの限りではありません。
7.出品者の出品等によって、ユーザーおよび第三者に生じる損害につき、当社は責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意または重過失に起因する場合はこの限りではありません。

第10条 商品の購入申請
1.ユーザーは、当社所定の手続に従い、購入の意思をもって、購入申請を行うものとします。
2.ユーザーは、購入申請を行った後は、原則としてこれをキャンセルすることはできません。
3.ユーザーは、購入する意思のない購入申請、転売等の営利を目的とした商品の購入等を行うことはできないものとします。
4.当社が定める取引開始可能な時間内に、当社の管理するサーバーに商品代金に関するデータ、販売意思のアクションデータなどの当社所定のデータの到達が確認できなかった場合、購入申請注文は無効になるものとし、ユーザーは予めこれを承諾するものとします。
5.出品者は、自らの出品物を購入申請することはできないものとします。出品の取下を希望する場合、出品者は、当社所定の手続に従って行うものとします。
6.ユーザーの購入申請によって、ユーザーおよび第三者に生じる損害については、当社は責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意または重過失に起因する場合はこの限りではありません。

第11条 支払および取引
1.第1条に規定する通り、商品の売買契約は、当事者であるユーザー間で行われるものとし、購入者が出品された特定の商品の購入手続を完了した時をもって当該商品の売買契約が成立するものとします。出品者および購入者は、売買契約に基づき発生した権利義務を第三者に譲渡、担保提供その他の処分することはできないものとします。
2.売買契約が成立した場合、購入者は、当社の定める方法により商品代金と利用料の合計額を支払うものとします。商品の送料は、出品者が負担する場合は、商品代金に含むものとし、購入者が負担する場合は、商品の発送を着払いで行うものとします。
3.出品者は、購入者が当社に対する決済を完了させた後原則として1週間以内に商品の発送を完了し、購入者に対し発送済みの連絡をするものとします。
4.出品者および購入者の間で商品等に関してトラブルが発生した場合は、当該ユーザー間で解決するものとします。但し、当社の判断により、当社も協議に参加できるものとします。
5.「DRoom(ドローム)」の利用にあたり、出品者および購入者間の合意がある場合を除き、商品の注文後のキャンセルはできないものとします。 商品に種類、品質または数量に関して当該取引の内容に適合しないもの(以下「契約不適合」といいます。)がある場合、商品説明と実際の商品が明らかに異なる場合、梱包の不備により配送時に商品が破損したなどの場合は出品者が責任を負うものとし、出品者の責任および費用により、返金、商品の返品、修理、交換等の対応を行うものとします。
6.売買契約が成立した場合においても、購入者が商品代金および利用料の合計額を支払わない場合もしくは支払いを遅延した揚合、出品者が商品を発送しない場合、またはその他当社が「DRoom(ドローム)」の適切な運営のために必要と認める場合には、当社は、当該売買契約を取り消し、または当該売買契約を維持したまま、当社の判断で、購入者または出品者に対して、代金相当額の補償を行うことができるものとします。なお、当社が購入者または出品者に代金相当額の補償を行った場合は、当社は、当該出品者または購入者に対して当該売買契約に係る商品の所有権を当社に譲渡するとともに、当社の指示に従って当該商品を当社に引き渡すことを求めることができるものとします。
7.ユーザーが「DRoom(ドローム)」に入力した決済手段または金融機関の情報が第三者に利用されたこともしくは入力情報の内容が不正確であったことまたは当社が本条に基づく措置を行ったこともしくは行わなかったことによってユーザーに生じた損害に関して、当社は責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意または重過失に起因する場合はこの限りではありません。

第12条 ユーザー評価
1.購入者は、届いた商品をすみやかに確認し、当社所定の手続に従い出品者を評価するものとします。但し、商品に契約不適合がある場合、商品説明と実際の商品が明らかに異なる場合等において、第11条第5項に従い当該取引のキャンセルを希望する場合は、当該評価を行わないものとします。
2.購入者が出品者を評価した後、当社所定の手続に従い出品者は購入者を評価するものとします。
3.商品代金の決済が完了した日から起算して2週間以内に、購入者から当該取引に係る商品が到達した旨の通知を受領し、かつ、前項に定める出品者による評価がなされた場合は、取引完了とします。なお、当社所定の期間内に購入者が評価せず出品者が当社所定の手続を行った場合または当社が必要と認める場合には、当社は、当該取引が完了したものとみなすことができるものとします。

第13条 利用料
1.出品者は、出品した商品の売買契約が成立した場合、当社に対し「DRoom(ドローム)」の利用料として、売買契約が成立した商品の販売価格に当社が別途「ご利用ガイド」において定める料率を乗じた金額(小数点以下切捨て)を支払うものとします。商品ごとの利用料の金額は、出品者が販売価格を設定する際に表示されます。「DRoom(ドローム)」の利用料は、原則として、当社が本規約に従い、出品者に代わって購入者から受領する商品代金から差し引く方法により徴収されるものとします。出品者は、当社が商品代金から「DRoom(ドローム)」の利用料をかかる方法により徴収することにつき予め同意するものとします。

第14条 商品代金
1.出品者は、当社および当社が指定する決済事業者および収納代行業者に対して、商品代金を代理受領する権限を付与するものとします。さらに、出品者は、当社が決済事業者または収納代行業者との間で締結する決済サービスに関する加盟店契約により必要となる場合には、商品代金債権を当社へ譲渡することに同意し、購入者は、出品者に対して主張することができる抗弁を放棄するものとします。
2.出品者は、購入者が商品到着後に出品者への評価を行い、かつ、これを受けて出品者が購入者への評価を行ったことを確認した後、 当社が取引完了と判断した時点以降で、当社が定める代金受領手続に従って、当社から、商品代金から利用料を差し引いた金額(以下「精算金」といいます。)を受領することができるものとします。
3.出品者は、商品代金債権および本条第2項に基づく精算金請求権を第三者に譲渡することはできないものとします。なお、当社ならびに決済事業者または収納代行業者との間で商品代金債権の帰属について特約がある場合、この特約に従って商品代金債権の帰属が決せられるものとします。代金受領手続は、出品者が指定する銀行口座へ振込送金するものとします。なお、精算金の振込手数料は出品者の負担となり、精算金から差し引かれるものとします。また、出品者は、出品者が誤った振込先銀行口座を指定したことにより生じた損害や不利益について、一切の責任を負うものとします。
4.本条第2項の定めにかかわらず、当社が定める本規定に違反していると判断する場合は、出品者への精算金の支払を留保することとします。この場合、本人確認を含む当社の調査が完了しない限り、精算金の支払いの留保は継続するものとします。
5.購入者が、支払期日までに商品代金に関する支払債務を支払わなかった場合で、かつ、当該購入者が当社に対して精算金請求権を保有している場合、かかる精算金請求権は、支払期日の翌日をもって、支払債務(利用料および遅延損害金を含みます。以下同じ。)と対当額で自動相殺により精算されるものとします。また、支払期日以降に支払債務が残っている場合には、購入者が支払期日以降に精算金請求権を取得したときも、同様に、かかる精算金請求権は直ちに支払債務と対当額で自動相殺されるものとします。

第15条 商品代金の交付
1.出品者は、当社が取引完了と判断した時点以降、速やかに当該商品の精算金の出金申請を行うものとします。出品者は、取引完了時点よりも前に、精算金の出金申請を行うことができないことを予め同意します。
2.当社は、出金申請日の翌月末日限り(以下「支払期日」といいます。)、出品者の指定口座宛に、振込送金する方法により精算金を支払うものとします。
3.当社が精算金の出金申請を行うよう出品者に申請を通知したにもかかわらず、出品者が当該取引完了日から120日以内に当該商品の精算金の出金申請を行わなかった場合には、出品者の指定口座宛に、振込送金する方法により精算金を支払うものとします(なお、このときの振込手数料は、出品者が負担するものとします。)。なお、金融機関側の事情または通信回線の途絶等の理由により精算金の支払が遅滞し、出品者に損害が生じた場合であっても、当社の責めに帰すべき事由がない限り、当社は一切の責任を負いません。
4.出品者の指定する銀行口座に係る登録に不備があったために当社が振込送金できなかった場合、当社は振込先口座の変更申請を、当社が指定した期間内に行うよう出品者に対して請求するものとします。
5.当社が前項に基づく請求を行い、当社が指定した期間を経過してもなお振込先口座の変更が行われず、当該取引完了日から180日が経過した場合、当社は、当該出品者が当該精算金の支払請求権を放棄したものとみなすことができるものとします。

第16条 クーポン
1.ユーザーは、「DRoom(ドローム)」における各種キャンペーンへの参加、その他の当社が「DRoom(ドローム)」において指定する方法により、クーポンを取得することができるものとします。クーポンの取得条件は、当社が「DRoom(ドローム)」において表示するところに従うものとします。
2.ユーザーは、自らが保有するクーポンを「DRoom(ドローム)」において商品購入に利用することができるものとします。クーポンの利用条件は、当社が「DRoom(ドローム)」において表示するところに従うものとします。
3.クーポンが商品購入に利用された場合には、当該商品の出品者は、販売価格から、利用されたクーポンに表示された金額または割合を割引いた金額を、当該商品の商品代金とすることに予め同意するものとします。かかる場合には、当社は、クーポンによる割引金額相当分を、利用料から減額するものとします。
4.ユーザーは、クーポンを当社が指定する「DRoom(ドローム)」における商品購入以外に利用することはできず、現金、財物その他の経済的利益と交換することはできないものとします。また、当社は、理由の如何を問わず、クーポンの払戻しは行わないものとします。但し、法令上必要な場合はこの限りではなく、その場合のクーポンの払戻し方法は、法令に従って当社が定め、当社のウェブサイト等に表示するところに従うものとします。
5.ユーザーは、クーポンを獲得した日から180日間またはクーポン付与前に別途当社が定めた期間内にのみ利用するものとします。有効期限を過ぎた未使用のクーポンは消滅し、その後利用することはできないものとします。 クーポンの有効期間の起算日は、クーポンが利用された取引のキャンセル等によりクーポンが返還された場合等を含めて、いずれの場合も当該クーポンを当初取得した日とします。
6理由の如何を問わず、ユーザーが退会した場合またはユーザー登録が取消しとなった場合には、当該ユーザーが保有するクーポンは全て失効し、以後利用することはできないものとします。

第18条 他のサービスへの遷移
ユーザーが「DRoom(ドローム)」を利用するにあたり、「DRoom(ドローム)」から、当社グループまたは第三者が運営する他のサービス(以下「外部サービス」といいます。)に遷移する場合があります。ユーザーは、予めこれに同意するものとし、本規約および外部サービスの利用規約等を遵守して、「DRoom(ドローム)」および外部サービスを利用するものとします。なお当社は、外部サービスについて何ら保証するものではありません。

第19条 「DRoom(ドローム)」の中断・終了および変更
1.当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく一時的に「DRoom(ドローム)」の全部または一部を中断する事ができるものとします。
・サーバー、通信回線、その他の設備の故障、障害の発生またはその他の理由により「DRoom(ドローム)」の提供ができなくなった場合
・定期的または緊急のシステム(サーバー、通信回線や電源、それらを収容する建築物などを含む)の保守、点検、修理、変更を行う場合
・火災、停電等により「DRoom(ドローム)」の提供ができなくなった場合
・地震、噴火、洪水、津波等の天災により「DRoom(ドローム)」の提供ができなくなった場合
・戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等その他不可抗力により「DRoom(ドローム)」の提供ができなくなった場合
・法令またはこれに基づく措置により「DRoom(ドローム)」の提供ができなくなった場合
・その他運用上または技術上、当社が必要と判断した場合
2.当社は、適用法令に定める手続に従うことにより、任意の理由により、「DRoom(ドローム)」の全部または一部を終了および変更できるものとします。「DRoom(ドローム)」を終了する場合においては、当社が適当と判断する方法で、可能な限り事前にユーザーにその旨を通知し、または公表するものとします。

第20条 知的財産権およびコンテンツ
1.「DRoom(ドローム)」を構成するすべての素材に関する権利は、当社または当該権利を有する第三者に帰属します。ユーザーは、「DRoom(ドローム)」のすべての素材に関して、一切の権利を取得することはないものとし、権利者の許可なく、所有権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティー権等、コンテンツ素材に関する権利を侵害する一切の行為をしてはならないものとします。本規約に基づく「DRoom(ドローム)」の利用の許諾は、「DRoom(ドローム)」に関する当社または当該権利を有する第三者の権利の使用許諾を意味するものではありません。
2.出品者により投稿された出品物の写真、動画、情報等に関しては、「DRoom(ドローム)」の宣伝、運営、研究開発および発表等を目的として、当社および当社の指定する者が自由に利用できるものとします。加えて、ユーザーは、当社および当社の指定する者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。
3.ユーザーが「DRoom(ドローム)」に関連して発信または掲載したコンテンツに関する一切の責任は、当該ユーザーが負うものとし、当社は、その内容、品質、正確性、信憑性、適法性、最新性、有用性等について、確認しないものとします。また、当社は、それらに関しての保証もしないものとします。
4.ユーザーは、他のユーザーが発信または掲載するコンテンツについて、その内容、品質、正確性、信憑性、適法性、最新性、有用性等を、ユーザー自身で判断するものとします。当社は、ユーザーおよび第三者が当社のコンテンツを利用することにより生じる損害について、責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意または重過失に起因する場合はこの限りではありません。
5.当社はコンテンツのバックアップを行う義務を負わないものとします。ユーザーは、コンテンツのバックアップが必要な場合には、自己の費用と責任でこれを行うものとします。
6.当社は、ユーザーが本規約に違反または本規約の精神に照らして不適切な行為を行ったと当社が判断した場合、当該ユーザーが掲載したあらゆるコンテンツを、事前の通知なしに変更および削除できるものとします。

第21条 ユーザーの責任および接続環境等
1.「DRoom(ドローム)」の提供を受けるために必要なコンピューター、スマートフォンその他の機器、ソフトウェア、通信回線その他の通信環境等は、ユーザーの費用と責任において準備し維持するものとします。また、その機器、ソフトウェア、通信環境等の設置や操作についても、ユーザーの費用と責任で行うものとします。当社は、「DRoom(ドローム)」があらゆる機器等に適合することを保証するものではなく、機器等の準備、設置、操作に関し、一切関与せず、ユーザーに対するサポートも行いません。
2.ユーザーは、「DRoom(ドローム)」を利用する際に、種々のネットワークを経由する場合があることを理解し、接続しているネットワークや機器等によっては、それらに接続し、それらを通過するために、データや信号等の内容が変更される可能性があることを理解したうえで、「DRoom(ドローム)」を利用するものとします。
3.ユーザーがインターネット回線を通じて行う「DRoom(ドローム)」への入力、出品、購入、退会、その他の手続は、当社のサーバーに当該手続に関するデータが送信され、当社のシステムに当該手続の内容が反映された時点をもって有効に成立するものとします。
4.「DRoom(ドローム)」に関連してユーザー間またはユーザーと第三者間で発生したトラブル(「DRoom(ドローム)」を将来利用するという前提の下で起こったトラブルを含みます。)に関して、ユーザーは各自の費用および責任で解決するものとします。トラブルが生じた際には、当事者間で解決するものとし、当該トラブルにより当社が損害を被った場合は、当事者は連帯して当該損害を賠償するものとします。
5.ユーザーと第三者との間で、「DRoom(ドローム)」に関連して、裁判、クレーム、請求等のあらゆるトラブルを含む紛争が生じた場合、ユーザー各自の責任や費用で解決するものとし、当社は、当社が必要と判断した場合を除き、当該紛争に一切関与しません。当該紛争がユーザーの故意または過失に起因して生じた場合には、ユーザーは、当該紛争により当社に生じた損害を連帯して賠償するものとします。
6.当社とユーザー間で紛争が生じた場合において、当該紛争がユーザーの故意または過失に起因して生じた場合には、ユーザーは当該紛争に関連して当社に発生した損害を賠償するものとします。

第22条 非保証および免責
1.当社は、「DRoom(ドローム)」の内容、品質および水準並びに「DRoom(ドローム)」の安定的な提供、「DRoom(ドローム)」の利用に伴う結果等については、一切保証しません。
2.「DRoom(ドローム)」提供における、不正確、不適切または不明瞭な内容、表現、行為等により、ユーザーおよび第三者に対して損害が生じた場合、当社は、当該損害について責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意または重過失に起因する場合はこの限りではありません。
3.当社は、「DRoom(ドローム)」に関連して、ユーザーに対して、適宜情報提供を行うことがありますが、当該情報の正確性や有用性を保証するものではありません。
4.「DRoom(ドローム)」に関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルス等有害なものが含まれていないことに関しては保証しないものとします。当社は、「DRoom(ドローム)」に関連するコンテンツ中に、コンピュータウィルス等有害なものが含まれていたことにより生じた損害について、ユーザーおよび第三者に対して、責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意または重過失に起因する場合はこの限りではありません。

第23条 損害賠償
1.ユーザーが本規約に違反した場合、当該ユーザーが、当該違反により損害を受けたユーザーおよび第三者に対する損害賠償責任を含む、一切の責任を負うものとします。ユーザーがかかる違反行為を行ったことにより、当社が損害を被った場合は、当該ユーザーその他関連当事者は連帯して当該損害を賠償するものとします。
2.当社は、当社による「DRoom(ドローム)」の提供の停止、終了または変更、ユーザー登録の取消、コンテンツの削除または消失、「DRoom(ドローム)」の利用によるデータの消失または機器の故障その他「DRoom(ドローム)」に関連してユーザーが被った損害につき賠償する責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意または重過失に起因する場合はこの限りではありません。
3.当社が本規約に基づきユーザーに対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の責任は、当社の債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち現実に発生した直接かつ通常の損害に限るものとします。但し、当社の故意または重過失に起因する場合を除きます。

第24条 一般条項
1.「DRoom(ドローム)」に関する当社からユーザーへの通知または連絡は、当社が運営するウェブサイトまたはアプリケーション内の適宜の場所への掲示その他、当社が適当と判断する方法により行なうものとします。当社は、個々のユーザーに通知および連絡をする必要があると判断した際、登録された電子メールアドレス、住所または電話番号に対し、メッセージング機能、電子メール、郵便、電話等を用いて通知および連絡を行うことがあります。
2.ユーザーが当社に通知、連絡または問い合わせをする必要が生じた場合、「DRoom(ドローム)」のお問い合わせフォームを利用するものとし、電話や来訪を行うことはできないものとします。当社は、かかる連絡または問い合わせがあった場合、当社が定める所定の手続に従い、ユーザーの本人確認を行うことができるものとします。また、問合せに対する回答方法に関しては、当社が適切と考える回答方法を利用することができるものとし、その回答方法をユーザーが決めることはできないものとします。
3.ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、本規約に基づく契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、貸与、その他の処分をすることはできないものとします。
4.当社が「DRoom(ドローム)」に係る事業を第三者に譲渡する場合(事業譲渡、会社分割その他「DRoom(ドローム)」の運営主体が移転する一切の場合を含みます。)には、当社は、当該事業の譲渡に伴い、ユーザーの本規約に基づく契約上の地位、本規約に基づく権利義務およびユーザー登録に伴い登録された情報その他の情報を当該事業の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき予め承諾するものとします。
5.本規約のいずれかの条項またはその一部が、法令等により無効と判断された場合であっても、当該無効とされた以外の部分は、継続して有効に存続するものとします。
6.本規約に定めのない事項または本規約の解釈に疑義が生じた場合には、当社およびユーザーは、信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。
7.本規約は、日本語を正文とします。本規約につき、参考のために英語による翻訳文が作成された場合でも、日本語の正文のみが契約としての効力を有するものとし、英訳はいかなる効力も有しないものとします。
8.本規約は、日本法に基づき解釈されるものとし、ユーザーと当社の間で生じた紛争については、その内容に応じて大阪簡易裁判所または大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上